無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
お昼はたこ焼き

お昼ごはんにたこ焼き10個入り 332円

| 24manga | 現在の状況 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ONEPIECE1-7

言わずと知れた超有名マンガ。
一つなぎの大秘宝ワンピースを手に入れるため、海賊王を目指すルフィとその仲間たちの冒険記。
 

1.ルフィの旅立ち。海軍大佐モーガンのもとに捕らわれていた海賊狩りのロロノア・ゾロを仲間に

2.バラバラの身の能力者・海賊「道化のバギー」との戦闘。

3.バギーをぶっとばして、海賊専門の泥棒ナミを仲間に加えたルフィ。
 次の島ではうそつきウソップと出会う。そこに村の執事クラハドールのお嬢様暗殺計画を耳にしてします。

4.攻め入ってきた黒猫海賊団。足止めをするルフィたち。そこにクラハドールこと、元黒猫海賊団の船長キャプテン・クロが現れる

5.キャプテン・クロを倒して念願の船を手に入れた!
 そして一行はヨサクとジョニーをひきつれて、コックを探しに海上レストラン・パティシエへ。
 あとイソップが仲間になった。

6.首領クリーク襲いくる。そこに世界最強の剣士・鷹の目のミホーク参上。最強の剣士を目指すゾロはミホークと戦い敗れる。



| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セキレイ1−9
 
特殊な力を持つセキレイという(おもに)女の子らと、
そのパートナーである葦牙(あしかび)とが、
セキレイ計画という名のもとに戦う話。

ストーリーがよく見えん。
戦闘とエロで引っ張っている感じがする。
絵は奇麗。


1.皆人の前にセキレイ結があらわれる。アパート追い出されて次に見つけたアパートにもセキレイがいたよ。

2.草野(くーちゃん)という幼女と、松というメガネっ子も皆人のセキレイになった

3.セキレイ計画を主催しているMBIってのが帝都を占領した。
 月海ってのもセキレイになったよ。あといつの間にか皆人の妹もセキレイ計画に参戦している。

4.ほかの葦牙とセキレイの帝都脱出作戦を手伝うことになりました。

5.逃げる者は許さない 懲罰部隊がやってきた
 一度はやられた結がパワーアップして復活して・・・

6.風花を新たにセキレイにくわえ、無事脱出させることに成功。
 そして実は皆人の母親はセキレイ計画の責任者だった。
 また、そのころ、妹ゆかりとそのセキレイ椎菜は悪魔の葦牙と死神のセキレイと言われて恐れられていた。

7. 篝は明らかにセキレイとして皆人に反応している自分に戸惑い、自らこの戦いを終わらすべくMBIの代表・御中のもとへ。
 しかし途中で阻まれNo.6焔として皆人のセキレイとなる篝

8.拉致された、ゆかり。明らかになるセキレイ計画。そして計画は第3段階へ

9.第3段階 1回戦・2回戦は宝具の取り合い合戦
 そして皆人たちも参加する3回戦はバトルロイヤルだった。



午前終了時点で、現在75冊

1冊9.5分ペース
| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
十字架の魔術師1−4



神父・天野晴彦は、悪魔払い(エクソシスト)としてさまざまな事件を解決していく。



1.数々の事件をエクソシストとして解決する天野のもとに、同じエクソシストと名乗る男ウィリアムが現れる

2.ウィリアムは天野の命を狙っていた。そして徐々に明らかになる天野の過去。

3.幼女の師匠に連れて行かれる天野たち一行

4.ローレンとかいうのが黒幕で悪魔を操っていろいろやってるらしい。
 天野が本気出したけど、ローレンには簡単にはじかれちゃったよ


to be continued...


現在66冊

| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ソウルイーター7−15
 

7.初代魔神「阿修羅」の復活に伴い、狂気に影響された魔女アラクネが復活

8.強靭な魂をもつ剣士ミフネは、ちびっこ魔女アンジェラを守るため、敵の手に落ちていた
 各地に散らばった魔道具を集める死武専

9.魔道具BREWを取り合う、アラクネと死武専

10.BREWはメドゥーサの手に。そして死武専にスパイが・・・

11.具現化した狂気と戦う中で、マカは新たな技 魔人狩りを身につける
 そのころ、本物のBREWを持ったメドゥーサは単身取引へと赴いた

12.魔女メドゥーサの持ち出した交換条件は、アラクネの城を攻める総指揮をとらせること
 要求を受け入れつつも陰で手を回す死武専だが、ブラックスターが勝手な行動をとりはじめた

13.ブラックスターVSミフネ
 また道徳操作機で、道徳を低下された元クラスメイトが立ちふさがる

14.キッドとBREWを本の中に取り込んでしまう謎の男「ノア」。
  ブラックスターは剣神ミフネを辛くも破った。

15.アラクネは肉体を捨てて自ら狂気そのものとなっていた。
 マカの退魔の波長と、ソウルの力を使って、アラクネの狂気を退けるマカたち。
 しかしメドゥーサはアラクネの身体をのっとり復活、姿を隠した。
 そしてついにソウルがデスサイズに。

to be continued...


現在62冊

1冊10分ペース

もうちょっと早く。

| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ソウルイーター1-6


死神様の武器を作る専門学校 通商:死武専 で死神様の武器「デスサイズ」をつくる武器職人とその武器(人間形態になれるぞ)の物語
 

1.主要登場人物(ソウル・マカ・ブラックスター・椿・キッド・リズ・バディ)らのエピソード、。
 シド先生をゾンビ化したやつを突き止めて倒せ!

2.死武専が作られた”理由” 魔女と魔剣 が現れる

3.椿の兄に妖刀になりかけていたところを止める

4.逃げ出した魔眼の男と対決。辛くも勝利する。
 そしてキッドは「近くにいる鬼神」に近づこうと死神様のもとへ

5.死武専の地下にある鬼神復活をたくらむ魔女メドゥーサ。
 立ちふさがる魔剣ラグナロクに対抗するため、マカは自ら狂気に身を投げた。

6.魔剣ラグナロクをおさえるマカであったが、初代鬼神は復活。
 死神様の行動範囲外に逃げてしまった。
| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エンバーミング1−3
 せっかく書いたレビューが消えてしまったorz

すべての人造人間(フランケンシュタイン)を殺す、復讐を誓う人造人間ヒューリーと
そのヒューリーを”究極の八体”と戦わせようとする女研究者ビーベリーの話。

1.僕ヒューリー、人造人間になっちゃった

2.ビーエリーの知り合いアシュヒトと、その人造人間エルムのどたばた

3.ビーベリーは「切り裂きジャック」をヒューリーと戦わせるために脱獄させる



現在47冊
| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
朝食ホットケーキセット
 おなかがすいたので朝食

ホットケーキセット(ドリンク付き)367円

ドリンクはコーンスープ。

思いっきりレンジでチンしている音が聞こえてた。
| 24manga | 現在の状況 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
朝食ホットケーキセット
 おなかがすいたので朝食

ホットケーキセット(ドリンク付き)367円

ドリンクはコーンスープ。

思いっきりレンジでチンしている音が聞こえてた。
| 24manga | 現在の状況 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
XBLADE1-8
 

時は現代日本。
かつて時代から姿を消したヤマタをめぐる剣の戦い。

ストーリーが単純でわかりやすいバトル漫画。
絵もそれなり。


1.数年前、都心に”何か”が落下、数百万の人がなくなった。
 その唯一の生き残りハルはあるとき、不思議な刀を手に入れる。
 その刀は、女の子の姿となり「真名」と名乗った。

2.ハルは謎を解くため真名とともに事故現場へと向かう。
 そこで「ななつさや」という組織に襲われtる2人。刀に姿を変え真名を使い、ハルは敵を撃退した。

3.真名は徳川時代に剣となり、それより眠っていた。そこでテレビをみて現代の知識を補給する真名。
 あとハルは「葵機関」という日本政府側の期間に連れて行かれことの事情を知る。己の弱さを実感したハルは古武術を学ぶことに。

4.「ななつさや」=ヤマタという国の復活をもくろむ=天草四郎がボス
  「葵機関」=政府側=ハルたちはこっち

5.球技大会で浮かれているところに刺客が襲う。

6.親友にけがをさせてしまい、また人をあやめてしまったハル。
 もう戻れないと覚悟して、敵陣へと乗り込む。

7.天草以前にヤマタを治めていた「ヒメ」と出会う一行。助っ人の一人はあえなく死す。

8.真名の本来の使い手、空士朗があらわれる。しかし空士朗は誰かに操られていた。
 死んだはずのハルの妹ともに姿を消す空士朗。

to be continued...

現在44冊

1冊9.5分ペース。
| 24manga | マンガ一言レビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |